ライトガイドのメリット・デメリット

ライトガイドのメリット・デメリット ライトガイドをLED照明に使用するメリットは、広いエリアを少ないLED数で均一に発行させられることにあります。機器の薄型化も図ることができ形状の自由度が増し、LEDのツブ感や個体差のために生じるムラをなくすことで、高級感のある高品質の照明が実現できるのです。配光角度をコントロールすることで、少ない光量で必要なエリアを効率的に明るくすることができます。マイクロプリズムの指向性反射を利用することで照明をより効果のあるものにライトガイドは変えてくれました。洗面化粧台照明などに実用化されています。動向体を空中に浮かせてみせる構成により、斬新性先進性をアピールできることです。徐々に活用できる範囲が広がっています。
デメリットは、普及段階で薄くて均一に光るバックライトを安定品質で量産しなければならず、その方法を見つけるのに時間がかかったことです。最近は、バックライトで培った技術を使って様々な分野・用途に使われるようになってきています。

光を導くために使われるライトガイドのデメリット

光を導くために使われるライトガイドのデメリット ライトガイドとはその名の通り光を導くものです。遠方に光を届けたり、光を線状に出したい時などに使われます。前者の場合は、届ける途中で光が漏れないようにしていますが、後者の場合は、むら無くライトガイド全体が光るようにしています。
例えば前者は顕微鏡に接続して対象となる観察物を照らすためなどに使われます。そのため顕微鏡のかたわらに光源装置を置いて、そこからライトガイドを使って観察物のある所へ光を届けます。
顕微鏡にはその仕組みとは異なるタイプもあり、顕微鏡内に光源を備えているものもあります。それと比べるとガイドで光を届けるものは光が弱まるといったデメリットがあります。
一方で光を線状に出す時に使われるものは、例えば画像スキャナーです。画像スキャナーでは線状の光源を対象物に当てて、その反射光を読み取ります。これまでの主流は全体が光源となるランプを使っていたのですが、ライトガイドの場合、ガイド内部に光を反射させる仕組みを施し、外に光が出て行くようにしています。
ガイドの片方の端からLEDなどのライトを当てるだけなので、先の全体が光源となるランプと比較すると光の強さが弱くなるといったデメリットがあります。

新着情報

◎2023/12/18

情報を更新しました。
>ライトガイドの照射距離は光の強さで異なる
>小型で軽量なライトガイドは補助照明に最適
>幅広い照射の用途で使われているライトガイド
>様々な分野で使われ幅広く活躍しているライトガイド
>綺麗な光を保持するために欠かせないライトガイドの整備

◎2022/4/22

情報を更新しました。
>ライトガイドの用途とメンテナンスコストについて
>ライトガイドの仕組みと耐久性についての説明
>ライトガイドの魅力と採用されている場所など
>高性能のライトガイドに関することについて
>ライトガイドの用途はデザインと注意喚起など

◎2019/12/23

ライトガイドを使った液晶モニター
の情報を更新しました。

◎2019/8/30

自動車の雰囲気を盛り上げる
の情報を更新しました。

◎2019/4/24

ライトガイドの使い方
の情報を更新しました。

◎2019/2/7

ライトガイドのメリット・デメリット
の情報を更新しました。

◎2018/12/11

ライトガイドの形状
の情報を更新しました。

◎2018/11/9

サイト公開しました

「ライト ガイド」
に関連するツイート
Twitter

送料無料 i-loop ライトゲームロッド、シーバスロッド、ルアーロッド ロッドガイド 交換 修理 セット ステンレス セラミック...

送料無料 i-loop ライトゲームロッド、シーバスロッド、ルアーロッド ロッドガイド 交換 修理 セット ステンレス セラミック...

対応 iPhone15 Pro フイルム ブルーライトカット ガイド枠付き 【2+2枚セッ- AGC旭硝子】 iPhone15 ...

ガマ行ってきた。ガイドさんのお話も聞けてどう表していいか分からないけどすごく勉強になった。「戦争」って一言で表してもなかなか想像できるものじゃないし身近に感じられないけど、中でライトを消した5秒間は戦争の怖さの欠片を体験することができた気がする。

対応 iPhone15 Pro フイルム ブルーライトカット ガイド枠付き 【2+2枚セッ- AGC旭硝子】 iPhone15 ...