ライトガイドの使い方

ライトガイドの使い方 ライトガイドは、光を伝える役割を担い、着色がなされていない透明なガラスファイバーが束ねられたものです。ライトガイドは現在様々な場面で用いられています。使い方としては、医療分野における内視鏡の照明具とシテの役割を担うことが代表的な用いられ方であります。狭いところを明るく透明な光で照らすことが出来るので、内臓器官を調べる時には広く用いられているのです。
その他にも、ディスプレイやインテリア照明に用いられています。光ガラスファイバーを束ねたものであるので、形状は自由自在であることから、ディスプレイやインテリア照明に広く使われています。ハロゲンやメタルハライドといった光源との相性が良く、多様な照明を可能とするのがライトガイドの特徴です。分光透過性の光を放つことが出来るため、ムラが無くて均一な明かりを得ることが出来るため、照明には最適の光であると言えます。ライトガイドは種類が豊富なので、用途に合わせて選べます。

ライトガイドは使用場面に応じて選ぶことができる!

ライトガイドは使用場面に応じて選ぶことができる! ライトガイドは透明なアクリル樹脂などの内面反射を利用して、片側から入ってきた光を他方へ効率よく導くためのものです。ライトガイドは、光の伝送を行うための無着色の分光透過性を持つガラス光ファイバーが多数束ねられたものになります。この機器が使用される場面としては、照明などが挙げられます。
例えば、ネオンライトなど、ハロゲンやメタルハライド、紫外光や赤外光などのいろいろな光源を組み合わせることで、いろんな照明を実現することができます。
また、液体ライトガイドなどのような、光伝送のコアが液体で満たされているものなどもあります。この器具は、入射面積に対する損失が少ないという特徴を持っており、光の伝送を効率よく行うことができます。ライトガイドはその性能も様々で、半導体や液晶露光装置向けの高性能のものなどもあります。このように、この製品には様々なタイプのものがあり、使用する目的・用途に応じて利用できるようになっています。

新着情報

◎2023/12/18

情報を更新しました。
>ライトガイドの照射距離は光の強さで異なる
>小型で軽量なライトガイドは補助照明に最適
>幅広い照射の用途で使われているライトガイド
>様々な分野で使われ幅広く活躍しているライトガイド
>綺麗な光を保持するために欠かせないライトガイドの整備

◎2022/4/22

情報を更新しました。
>ライトガイドの用途とメンテナンスコストについて
>ライトガイドの仕組みと耐久性についての説明
>ライトガイドの魅力と採用されている場所など
>高性能のライトガイドに関することについて
>ライトガイドの用途はデザインと注意喚起など

◎2019/12/23

ライトガイドを使った液晶モニター
の情報を更新しました。

◎2019/8/30

自動車の雰囲気を盛り上げる
の情報を更新しました。

◎2019/4/24

ライトガイドの使い方
の情報を更新しました。

◎2019/2/7

ライトガイドのメリット・デメリット
の情報を更新しました。

◎2018/12/11

ライトガイドの形状
の情報を更新しました。

◎2018/11/9

サイト公開しました

「ライト 使い方」
に関連するツイート
Twitter

仮ロマのトゥールベル夫人に迫る場面のライト使い方が効果的で、壁に映る影から脅威を感じた

WINDOW開けるの照明、 本当のWINDOWみたいで バックのライトが月みたいで スモークがもわもわっと流れるのが雲みたいで あんな照明の使い方あるんだって大感動でした

最後にライト使い方が上手い、誰に焦点合わせられるか視覚的にも聴覚的にも分かりやすくて良いですね 「ツキノナミダ」 振り付( 角巻さん本当に良いですね けれど獅子さん沙花叉さんももっと良いです 獅子さんは良くロリとか言われますが、本当ですね、けれど聴いてて1番心地よい気持ちの込め方を

ライトデッキクレストにエネルギージェネレーター以外のものが出てきてエネルギーギミックに新しい使い方をってしてきた相手に対してのメタを先に配るよーっていう路線に1票やー