ライトガイドを使った液晶モニター

ライトガイドを使った液晶モニター 液晶モニターに欠かすことのできないライトガイドには、平面導光板や棒型の導光棒があります。
特に平面導光板は液晶ディスプレイのバックモニターに必須のライトガイドで、光を発する重要な部品として多用されています。
近年では平面板を単体で用いるよりも、LEDなどの棒状光源に組み合わせたバックライトが増えているのが特徴です。
特に街頭で人目を引くような大型のディスプレイの場合、発光面を均一にしなくてはなりません。平面だと直下型の照明よりも薄型にできるため、クリアな画質を得ることが出来ます。
また自動車の計器類を一枚のパネルモニターに収めるためのライトガイドとして、立体型導光体(インストゥルメントパネルバックライト)の研究・開発が進んでいます。
実用化するにあたっては平面板や棒状光源の使用はもちろん、特殊な形状が特徴の立体型導光体が持っている性質を融合させることが必要です。これからの新しい車になくてはならないライトガイドは、今熱い注目を集めています。

光を使用した実験の効率を高めてくれるライトガイド

光を使用した実験の効率を高めてくれるライトガイド 明かりを必要とする実験では、ただ光源を用意しただけでは上手く行かない恐れもあります。対象物にしっかりと光が届くよう、ライトガイドと呼ばれるものを利用するのがおすすめです。
ライトガイドとは、光を発する装置から効率よく伝えるためのものです。多くの場合はケーブル状の構造を持っており、十分な長さと柔軟性を備えているのが特徴です。光ファイバーケーブルの簡易版と考えると、頭に思い浮かべやすいかもしれません。
従来はケーブルの中に光ファイバーを使用していましたが、隙間が多いことから損失が起こりやすいという難点がありました。そこで代わりに登場したのが、内部を液体で満たしたものです。
石英製のファイバーでは隙間があったものの、代わりに液体を使うことで隙間がなくなり、損失を最小限に抑えることができます。コアも太くなり、無駄がなくなりました。
これにより伝播率を高めることができ、高いレベルでの光照射が求められる実験において非常に有用な製品となっています。

新着情報

◎2023/12/18

情報を更新しました。
>ライトガイドの照射距離は光の強さで異なる
>小型で軽量なライトガイドは補助照明に最適
>幅広い照射の用途で使われているライトガイド
>様々な分野で使われ幅広く活躍しているライトガイド
>綺麗な光を保持するために欠かせないライトガイドの整備

◎2022/4/22

情報を更新しました。
>ライトガイドの用途とメンテナンスコストについて
>ライトガイドの仕組みと耐久性についての説明
>ライトガイドの魅力と採用されている場所など
>高性能のライトガイドに関することについて
>ライトガイドの用途はデザインと注意喚起など

◎2019/12/23

ライトガイドを使った液晶モニター
の情報を更新しました。

◎2019/8/30

自動車の雰囲気を盛り上げる
の情報を更新しました。

◎2019/4/24

ライトガイドの使い方
の情報を更新しました。

◎2019/2/7

ライトガイドのメリット・デメリット
の情報を更新しました。

◎2018/12/11

ライトガイドの形状
の情報を更新しました。

◎2018/11/9

サイト公開しました

「ライト 液晶」
に関連するツイート
Twitter

返信先:です! バックライト付きのIPS液晶に交換しました! 超快適ですよ!

返信先:他1なんか悔しいなぁ… やはりRGBをmini LED素子でやったやつが究極なのかな…? また有機ELを液晶として、mini LEDを バックライトにすると言うのもある意味一種の手の可能性が10億bitカラーで 存在している…?

娘ノートPCを壊す(液晶が壊れた?バックライト?) 何もしていないということ原因が判らないらしい GWだしアキバで中古でも買うかしらね(壊したのも中古だったし)

返信先:そういえば、mini LEDモニターは殆どが バックライトとしてmini LEDを使ってるようすね、その分安いが… RGBを液晶(TFT)では無くLED素子として実装するタイプはクッッソコストが掛かるからね… 致し方ないね…

KOORUI 21.5インチ モニター pcモニター フルhd 液晶ディスプレイ モニター 75Hz VAパネル非光沢 超薄型スリムベゼル/アイケア・ブルーライト軽減/傾き調整/HDMI+VGAポート/VESAマウント